フランスでマタニティ 〜3人目の赤ちゃんができました〜

この度、3人目の赤ちゃんを妊娠しました。
フランスで3回目のマタニティ。そしておそらく最後です。

私はずっと子供が3人いたらと願っていました。自分が3人兄弟だったからだと思います。
2人兄弟だった夫は、今いる2人の元気な子供に恵まれて充分だという気持ちでした。何度か話しているうちに私も本当にそう思いました。思い描いていた子供の数でなくても充分幸せだなと思いました。でも、最後にもし運命的に授かることができたら、それも素晴らしいのではと最終的に夫が言ってくれ、びっくりしたけどすごく嬉しかった。結果的に授からなかっとしてもその夫の理解が充分嬉しかったのです。こうして幸運にも思い描いていたことが実現し、本当にとてもありがたい気持ちです。

この夏休みは日本に帰国する予定でチケットまで買っていたのですが、妊娠が分かり私1人で2人の子を連れては行けないとキャンセルしてしまいました。
楽しみにしてくれていた日本の家族、長女(次女はまだ分からない)をがっかりさせてしまいました。

エールフランスの払い戻しがきかない航空券だったので、何の為でもないお金を払ったことになります。
このことを思うたびに自分を恨み、悲しくなるのですが、起こる全てのことに意味があるんだと真摯に受け止めています。日本の家族ももちろん新しい赤ちゃんの知らせには本当に喜んでくれ、日本で過ごす夏休みはまた来るよと言ってくれました。

娘達にも2週間前ぐらいに伝えました。まだ早いと思ったのですが、具合悪くて寝ている私を見て心配そうだったり少し不安定だったので伝えた方がいいと思いました。ちょうど長女のクラスの担任の先生が妊娠中で、クラスでも赤ちゃんについて色々本を読んだり先生が説明したりお腹を触らせてくれたりしていたそうでタイミングもよかったと思います。

2歳半になる次女もベベがいるねとお腹を触ってくれたり少し分かっているのだと思います。

長女は不思議なことに私が妊娠が分かった日ぐらいから人形の赤ちゃんで遊び始め、しまいには私のお腹を触り、赤ちゃんがいますね、と言ったのです!私がホント?と聞くと本人はごっこ遊びだよと言っていたのですが。

助産師さんにも「子供はなぜかすごく早い段階から分かるのですよ、本当に不思議なことで、上の子のそういう話はいっぱいあります」と言われました。



現在12週でまだ安定期ではないのですが、記録のためにもこれから3回目のマタニティ日記を書いていきたいと思います。今のところ2回助産院検診、3回血液検査、1回エコグラフィーを済ませています。検診については詳しく記録していきたいと思います。

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *