フランスでママン

日仏ハーフの子供の日本語教育について
  娘2人が日仏バイリンガルになるのを目指してはいるのですが、なかなか難しいと感じているのが正直なところです。 長女が2歳の頃の日仏バイリンガルの記録を書いた頃は意識して実践していたのですがいつのまにか家庭内ではほぼフランス語で会話しているというのが現在の状況。
感染性胃腸風邪・ガストロでてんやわんや
  ノロとかロタウィルスからくる感染性胃腸風邪をフランスではガストロと呼びます。この季節になるとこんな注意報が出るほどフランス人にとっても大ごとです。 ガストロ。
フランスでママン 〜4歳長女の幼稚園のきろく①〜
4歳半になった長女。実は最近まで幼稚園に行きたくなくて毎朝泣いていました。それが6月に入ったぐらいから朝の涙がなくなり普通に教室に入って行くように。先生もビックリしていました。でも一番びっくりしたのはママンだよ! 今思えばここまで長かった…。がんばったね。今回はそんな彼女の成長について書きます。  
フランスの離乳食② 〜1歳〜
次女が一歳になり、どのような食生活をしているのか記録することにします。 長女の時の1歳2ヶ月ごろの離乳食について見返してみると、えらい!本当にしっかりきっちりした食生活をしていたなあ。 それに比べて次女はもうほとんど大人と同じメニューにしてしまっている。
フランスで母乳育児 〜次女編①〜
次女も母乳で育てています。 母乳育児については長女の時の様子を書いていますが、3年経った今読み返してみても、あまり変更点がなく大体同じような流れでやっています。 長女の時は毎日読んでいた最強母乳外来のブログを今回も時々参考にしていますが、ほとんど心配事がなく自然にやってこれています。
フランスの離乳食① 〜生後6ヶ月〜
7月末で次女が生後6ヶ月になり、いよいよ離乳食開始しました。 6ヶ月検診で離乳食開始のGOが出ました。 生後4ヶ月ぐらいですでに家族が食べている時、口をもぐもぐしたりじーっと見ていたので早く食べさせてあげたかったものです。